男性ホルモン注射・AGA・ED・早漏治療|オーシャンメンズクリニック 男性ホルモン注射・AGA・ED・早漏治療|オーシャンメンズクリニック

男性ホルモンは髪の毛に悪いのか?ハゲる原因と対策を解説

男性ホルモン 髪の毛 男性ホルモン補充療法

男性ホルモンの多い人は、肉体的には筋肉質で骨格も丈夫であり、精神的には仕事やプライベートに精を出すエネルギッシュな印象があります。

しかしながら男性ホルモンが多い人は薄毛になるのではないかという疑問を抱いている人は多いのではないでしょうか。

ただもしそれが真実だとすると、男性ホルモンの分泌が活性化してくる思春期~30代までの男性は、全員髪の毛が薄いということになってしまいます。

そう考えると男性ホルモンが多いことが必ずしも薄毛を引き起こすわけではなさそうです。

そこでこの記事では男性ホルモンと髪の毛の関係、ハゲる原因と対策について解説します。

そもそも男性ホルモンとは?

男性ホルモンとは、胎児期において男性の身体的特徴を形成する上で大きな働きをするホルモンのことで、二次性徴においては以下のような男性的特徴を発達させる作用もあります。

  • 陰嚢と精巣が大きくなる
  • 陰茎が長くなる
  • 精管と前立腺が大きくなる
  • 陰毛が生える
  • ひげとわき毛が生える
  • 射精ができるようになる

また男性ホルモンにはいくつか種類があり、総称してアンドロゲンと呼びます。

その中でもテストステロンは全体の95%を占めており睾丸で作り出されます。

残りの5%がジヒドロテストステロンやアンドロステンジオンなどであり副腎で作り出されます。

多くの場合、男性ホルモンというときこのテストステロンを指しており、男性らしい骨格や筋肉を作ったり、やる気や競争心、また性欲や生殖活動へのモチベーションを維持するのに大きな役割を果たしています。

男性ホルモンについてはこちらの記事で詳しく記載しておりますので、気になる方はあわせてご覧ください。

男性ホルモンとは?働きから分泌の仕組み、増やすための習慣を解説します

男性ホルモンと髪の毛の関係

男性ホルモンといっても、実はテストステロンには髪の毛を太くする役割があることで知られています。

それでは男性ホルモンが多いとハゲるといわれる原因はどこにあるのでしょうか?

ジヒドロテストステロンが薄毛の原因になる

男性ホルモンのなかでも薄毛の原因となるのはジヒドロテストステロンと呼ばれるものです。

睾丸で作られたテストステロンは血液を流れ、一部は頭皮に存在する5αリダクターゼという還元酵素と結びつきます。

するとテストステロンは、活性型男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。

髪の毛は通常、一定のサイクルで発毛と脱毛を繰り返しており、これを毛髪周期といいます。

毛根に存在する毛乳頭細胞が、髪の毛の原料を作り出す毛母細胞に司令を発し、毛母細胞がケラチンというタンパク質を生み出すことで髪の毛になります。

通常この成長期が2年から6年ほどあり、その間は元気な髪の毛が生え続けます。

しかしDHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合し、TGF-βという退行期を誘導するタンパク質を産出することで、これが毛母細胞の分裂・増殖を抑制して、本来成長期にあるはずの毛髪が退行期に移行してしまいます。

結果として抜け毛が進んでしまいハゲになってしまうというメカニズムです。

男性ホルモン=テストステロン自体は薄毛の原因ではない

上記でも解説したように、テストステロン、5αリダクターゼ単体では薄毛を促すことはありませんが、この2つが掛け合わさることによって薄毛の原因になってしまいます。

またテストステロン、5αリダクターゼのどちらかが少なければ、ジヒドロテストステロンに変換される割合は低いことが分かっています。

最近では5αリダクターゼの活動を抑制し、DHT変換率を低下させるフィナステリドやデュタステリドの開発により、テストステロンを高めながらも脱毛や薄毛のリスクを回避することが可能になっています。

薄毛になることを懸念してテストステロンが低い状態のままにしておくと、男性型更年期障害など他の病気が懸念されるので、5αリアクターゼの働きを抑制しながらテストステロンの値を高めていくことをおすすめします。

なぜヒゲや体毛は濃くなるのか?

ちなみになぜ頭皮は薄くなる一方で、ヒゲや体毛は濃くなるのかというと、毛乳頭細胞とDHTが結合したときに受け取るシグナルが異なるためです。

繰り返しになりますが、頭皮の場合は毛母細胞の働きを抑制するTGF-βが産み出されます。

一方でヒゲや体毛の場合は毛母細胞の働きを促すIGF-1が産み出されます。

結果として頭皮は薄いのにも関わらず、体毛は濃いという人が出てくるというわけです。

性欲が強い人はハゲる?

またネット上では、「性欲が強い人ほどハゲる」「男性ホルモンが多い人は髪の毛がすぐ伸びる」など言われることがありますが、科学的な根拠はありません。

おそらくこれは男性ホルモンが多いとハゲるという噂が、伝言ゲームのように変わったものと思われます。

脱毛症の種類

実はジヒドロテストステロンの影響による薄毛はAGAという病気に分類されます。

他にも薄毛には種類があるので、こちらに解説いたします。

AGA(男性型脱毛症)

成人男性特有の進行型の脱毛症で、前頭部や頭頂部など部位的に生じる脱毛のことです。

薄毛で悩む男性の9割がこのAGAといわれています。

主な原因は、遺伝的な要素が強いですが、男性ホルモンのバランスの乱れも考えられます。

治療せず放置していると進行していきますので、早めの治療が大事になります。

びまん性脱毛症

生え際が後退するのではなく、髪の毛全体的に薄くなる症状が特徴で、更年期を迎えた女性がなりやすいとされています。

老化やストレス、間違ったヘアケアなど原因は様々です。

円形脱毛症

男女問わず子供から高齢者までが発症する可能性があります。

過度なストレス等により、リンパ球が毛根を攻撃することにより、健康な元気な毛髪まで抜け落ちてしまう自己免疫反応が原因とされています。

薄毛の予防と対策

5αリダクターゼは遺伝要素が強く、男性の場合、母親・母方の祖父母にAGAの人がいると、いない人に比べてAGAを発症する確率が高くなります。

しかし、これはたくさんある薄毛の原因の一つでしかなく、普段の生活で予防できることや対策はあります。

DHT阻害薬

先ほども少し触れましたが、現在では5αリダクターゼの働きを抑える薬も開発されております。

フィナステリドやデュタステリドを服用することによって、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの発生を抑えることが可能です。

適切にスカルプケアをおこなう

男性ホルモンが多いと、皮脂の分泌が多くなります。

これは、男性ホルモンが脂腺細胞の増殖や分化を促進しているためです。

また、過剰な皮脂の分泌はニオイの素になります。

頭皮をしっかりと洗うことで、毛母細胞や毛乳頭細胞の働きを阻害しないようにしつつ、ニオイのケアにも心がけましょう。

バランスの良い食事

髪の毛を作る毛母細胞は食事から摂取した栄養をもとにします。

そのため普段の食事から気をつけることが大切です。

また大豆に含まれるイソフラボンには、5α還元酵素の働きを抑制する作用があることで知られています。

栄養バランスを心掛けつつ、積極的に摂るようにすると良いでしょう。

運動やストレッチをする

運動不足によって血行が悪くなると、頭皮にも良くありません。

中でも筋トレはテストステロンの分泌においても良い作用をもたらします。

特にスクワットやデッドリフトのような大きな筋肉を使うトレーニングをおこなうことで、短時間で効率よく効果を得ることが可能です。

同様の理由で喫煙習慣のある方は血行を悪くする恐れがあり、その他タバコは百害あって一利なしなので、なるべく禁煙をおすすめします。

質の良い睡眠をとる

ストレスを溜め込むことによって脱毛が進行することは、一般的にもよく知られていると思います。

そのためなるべく7時間から8時間ほど睡眠を確保することで、前日のストレスや疲れを翌日に持ち越さないことが大切です。

また過度な飲酒も睡眠の質を低下させます。

睡眠の質を高めるためにも、お酒は嗜む程度の量に抑えましょう。

女性の脱毛の仕組みと特徴

女性特有の薄毛として、びまん性脱毛症があげられます。

頭頂部から薄毛が広がり、髪の毛の分け目が透けて見えることが特徴です。

びまん性脱毛症は大きく分けて2つあります。

1.FAGA(女性男性型脱毛症)

実は、女性の脱毛も約5割がFAGAと言われています。

更年期を迎えた女性に多く、これは閉経により女性ホルモンの分泌量が減り、相対的に男性ホルモンの作用が増えることにより発症します。

しかし、男性とは異なり、前頭部や頭頂部といった部分的な薄毛ではなく、全体的に薄毛になるというのが特徴です。

2.休止期脱毛症

休止期脱毛症は、ヘアサイクル上で、通常は休止期(古い髪が抜け落ちる期間)にある10%の毛髪が、20%ほどに増えることで起こります。

FAGAのように短い軟毛ではなく、長い硬毛が頭部全体から脱毛するのが特徴です。

特定の原因は解明されていませんが、精神的ストレスや疲労、過度のダイエット、加齢、甲状腺疾患や貧血、常備薬による副作用などが要因ではないかといわれています。

また、女性特有の薄毛として分娩後脱毛症もあります。

これは出産によるホルモンバランスが乱れることにより起こります。

出産後2~3ヵ月ほどがピークで、1年ほどで治ることが多数です。

女性の脱毛も対策としては、バランスのいい食事、質のいい睡眠、適度な運動などを心がけましょう。

また、シャンプー前後のケアや髪の毛の乾かし方などを気をつけることでも対策出来ます。

専門医を訪れて、育毛剤を処方してもらうことも一つ手でしょう。

「髪は女の命」なんて言葉があるように、髪は男性だけではなく、女性にとっても大切なものです。

美しい髪をいつまでもキープできるよう、普段からセルフケアを行うことが薄毛予防となるでしょう。

まとめ

テストステロンが直接ハゲになる物質ではないことをご理解していただけたでしょうか。

前述した通り、テストステロンを増やしながら、5αリダクターゼの活動を抑え薄毛を抑制する薬も出ています。

男性らしい体つきや活力に漲った精神力は、テストステロンの存在が不可欠です。

そんな大切なテストステロンを手軽に取り入れる方法として、男性ホルモンの補充注射があります。

普段の生活習慣を見直すことに加えて、この注射を組み合わせることで、効率的に男性ホルモンを増やしていくことが可能です。

オーシャンメンズクリニックでは、男性ホルモン注射とパーソナルトレーニングと連携し、男性力改善に向けたご提案をしております。

誰もが憧れる理想の男性像に向けて、専任の医師とトレーナーが継続的なサポートをしていきます。

治療の所要時間はわずか30分なので、いきたくても忙しいという方も安心です!

また初診料は無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください!

デキるオトコのホルモンチャージは、ぜひオーシャンズクリニックへ!

男性ホルモン補充療法・AGA・ED・早漏治療|オーシャンメンズクリニック新橋

写真:石川 誠彦
オーシャンメンズクリニック新橋
院長 石川 誠彦

Ocean Men’s Clinicは
男を磨く専門クリニックです

当クリニックは男性のための専門クリニックです。
AGAをはじめ、男性ホルモンの低下に伴う不調や勃起障害(ED)といった、男性の身体のお悩みに真摯に向き合い、サポートを行っていきます。
実はデリケートな男性のお悩みについて、プライバシーを確保しながら、しっかり診させていただきます。ご相談がございましたら、ぜひ一度ご来院ください。

Profile

経歴

1990年
防衛医科大学校 卒業
1990年
防衛医科大初任務研修医官(防衛医大・自衛隊中央病院)
1993年
防衛医科専門研修医官
1996年
航空自衛隊千歳基地衛生班長(パイロット等の健康管理を行う)
1999年
東京災害医療センター 救急救命センター
2014年
航空自衛隊退職
2014年
わらび北町病院 入職
2020年
オーシャンメンズクリニック新橋 開業

Access

オーシャンメンズクリニック新橋
〒105-0004
東京都港区新橋1-18-11 一松ビル 5階

フリーダイヤル:0120-916-055
FAX:03-6550-9996
営業時間:11時〜20時まで受付最終19時
(土曜日 10時〜19時 受付最終18時)

  1. 新橋駅SL広場を出て正面の通り(ヤマダ電機を右側に見て)を右折します。
    ※銀座線をご利用の方は7番出口を出て直進ください。「03」番へ。
  2. すぐ目の前の交差点(新橋駅日比谷口前)を左折します。
  3. 一つ目の交差点(新橋二丁目)を右折します。
  4. 左側、二つ目のビル(1階が理髪店)の5階です

初診のご予約・ご相談は以下よりお願いします